週刊少年ジャンプ 2019年32号 感想(2019年7月8日発売)

少年ジャンプ 感想

ジャンプ最新号の全作品に感想を書いています。気楽に読んでみてください。

今週のジャンプ感想

巻頭カラーは「ブラック・クローバー」。センターカラーは「サムライ8 八丸伝」と「チェンソーマン」です。

ブラック・クローバー

ネロは完全にヒロインポジションですね。人気投票の所で言っていたとおり姿が元に戻っていたら、確実に上位に食い込んでいたと思います。
悪魔との対決は、これにて終了ですかね。なんだかんだ最後は力業なところが、ブラック・クローバーの良いところです。爽快感があります。

Dr.STONE

Dr.STONEの世界の村には、必ず1人は筋肉バカがいますね(褒め言葉)。モーターを手作りして、ミニ四駆もどきを作るのは、小学生の自由研究でやりました。動いたときは感動したなあ。

ワンピース

河松はカッパの姿で、カッコカワイイです。そして面をつけたお菊は、すげー強そう。最後のページの集合絵は決まっています。次号休載なのが残念。

鬼滅の刃

無一郎の手がーーー!上弦の壱はめちゃくちゃ強いですね。無一郎が手も足も出ないとは・・・。柱全員でも倒せそうにありません。一気に絶望感が増しました。

約束のネバーランド

過去編突入です。エマ、ノーマン、レイに似ている人物は、3人の元になった人なのでしょうか。
鬼との約束は初代ラートリーの独断でした。自分が助かる代わりに、仲間を全て売りそうですね。そして全盛期のレウウィスは強すぎ。

サムライ8 八丸伝

ロッカーボールって何だっけ・・・。大事なものかな?すいません読み直します・・・。
話が一気に大きくなりましたね。衛星落として惑星を破壊するとか、ナルトの最終決戦ですかね。インフレしすぎです。

ぼくたちは勉強ができない

前回までがちょいシリアスだったので、今回はあしゅみー先輩の箸休め回でした。成幸が1番悩みを相談しやすいのは、あしゅみー先輩だと思います。弱音を吐く成幸を優しく鼓舞してくれています。

僕のヒーローアカデミア

死柄木の過去が辛すぎる。回想シーンで胸が痛くなります。死柄木が覚醒して能力発動に五本指の制限がなくなると、完全にチートです。
ストレス解放80%で姿が変化していくのは、戸愚呂(弟)を思い出します(笑)。

火ノ丸相撲

鬼丸の神に刃向かう鬼神となる決意が素晴らしく格好良いです。現人神として君臨している刃皇との対比が、まさに最終決戦にふさわしいと思います。
現実世界の夏と漫画の夏場所が上手く重なって、最後の煽りがより素晴らしくなっています。

アクタージュ act-age

王賀美はあるがままの自分でいることを強いられていて、逆にそれは窮屈なのではと思ってしまいました。何をやってもキムタクみたいな感じなのかなと思います。(皆にキムタクを求められてしまう)
話は変わりますが武光君を見ていると、やはり煉獄さんを思い出します。

SPY×FAMILY(出張番外編)

今ジャンプ+でもっとも勢いのある漫画です。とにかく3人のキャラが立っていて、活き活きしています。特にアーニャのキャラが良いです。アホさと無邪気さと純粋さがうまいこと詰め込まれていて、ものすごくカワイイ。ぜひ本編の方も見てみてください。

チェンソーマン

パワーは逃げていたのか・・・クズだな(笑)デンジの切り替えが早すぎる。アスタと良い勝負です。ウジウジ悩むよりは100倍増しですけどね。
指導の先生は、かなりヤバそうですね。マキマさんもすぐに逃げてるし(笑)

トーキョー忍スクワッド

露骨なサービスシーンがキター(笑)それより1PBのデータ復元って、いったい何日かかるんだろう。慎重に記憶を取り出さないといけないなら、1年ぐらいかかるのでは?いやもっとかかるか・・・。でも忍術がなんとかしてくれるはず!
暗殺が日常茶飯事に行われているみたいで、すげー世紀末感があるように見えて、ファッションショーは普通にやるんだ・・・。世界観がいまいちわからない。

ハイキュー!!

高くを早く繰り出す日向の成長具合がすさまじいです。ライバル校の面々が驚いてる姿が、日向のすごさを物語っています。完全に流れは烏野だと思いましたが、鴎台は流れを気にせず、自分達のバレーを淡々と行い、流れを烏野にはいかせません。鴎台は音駒以上にいやらしいチームだと思います。

呪術廻戦

天元様のシステムが明かされました。五条のデジモン例えがわかりやすかったです。
呪詛師集団「Q」という厨二病満載の組織が出てきましたけど、どう見てもかませ犬にしか見えません(笑)五条と夏油は余裕綽々です。
夏油は星漿体の女の子に情が移りそう。どう転んでも過去編はえげつない展開になりそうなので、胃がキリキリしそうです。
そして、伏黒父?が登場します。明らかにクズな匂いがぷんぷんするとともに、強キャラオーラがすさまじいです。

ゆらぎ荘の幽奈さん

呑子さんは昔の姿の方が格好良いから、元に戻して欲しい(笑)幽奈の過去を知っているぽい呑子さんは、幽奈監視のためにゆらぎ荘にいるのかな。ついに呑子さんの過去が掘り下げられそう。

ふたりの太星

目隠し将棋(笑)拘束着を着ているヤツとか、対戦相手にまともな人間がいなさすぎる。聴覚が共感覚って、以前打ち切りになった将棋漫画にもなかったっけ?流行っているのかな?

神緒ゆいは髪を結い

人形が怖すぎる。椎橋先生のホラー描写が以前にも増して、おどろおどろしくなっています。もう下手なラブコメは辞めて、ホラー漫画として続けましょう。鍵斗も初めて主人公らしいところを見せてくれました。面白くなる予感がします。

しかし、今の展開だと2巻の表紙の雰囲気は変わりそうですね(笑)

ビーストチルドレン

いまいち主人公のタックルのすごさがわからなかったです。淡々としていて、試合に見せ場がなさそう。

最後の西遊記

龍之介の家族の謎が明かされそうですね。しかし親父がどういうポジションなのか、わかりません。コハルを勝手に連れ出して、何か罰とか受けなかったのかな。親父の登場が久しぶりで、その辺よく分からなくなりました。

最後に

「SPY×FAMILY」の番外編も、本編と同じく面白かったです。ジャンプ本誌に載っても遜色ありません。

「ふたりの太星」と「ビーストチルドレン」は厳しそうです。今の連載陣の壁を越えるのは難しいかもしれません。
完全にホラー展開に舵をとった「神緒ゆいは髪を結い」は面白くなってきたので、期待です。

次号の表紙&巻頭カラーは「僕のヒーローアカデミア」です。第5回人気投票が開催されます。センターカラーは「ハイキュー!!」と「ぼくたちは勉強ができない」です。
「ぼくたちは勉強ができない」は第2回人気投票の結果が発表されます。ヒロインレースの指針になるかもしれないので、要注目です。

少年ジャンプ 感想
最新情報をチェックしよう!