週刊少年ジャンプ 2019年38号 感想(2019年8月19日発売)

少年ジャンプ 感想

ジャンプ最新号の全作品の一言感想です。気楽に読んでみてください。

今週のジャンプ感想

今週号の表紙・巻頭カラーは『約束のネバーランド』。センターカラーは『ハイキュー!!』と『ぼくたちは勉強ができない』です。

約束のネバーランド

鬼達は完全にノーマン達に不意を突かれたみたいです。でも女王の余裕が気になりますね。全然焦っている感じがしないです。3回ぐらい変身するかもしれません。

鬼滅の刃

カナヲ、伊之助組と善逸・村田組の合流!?みんな怪我していて戦力にはならなそうだけど、どうなるのでしょうか?炭次郎・義勇と合流して無惨の所へ突撃する展開になりそう。

痣の代償がでかすぎる…。単純に寿命を削っての強さの前借りだったんですね。永遠の命を持つ鬼との対比がすさまじいです。
でも日の呼吸の持ち主は、痣があっても長生きできるかもしれません。炭次郎の父親は25歳以上だったはずですから。

ONE PIECE

お玉の能力が便利すぎますね。ハバヌキがあっさり操られています。団子があればスマイルの半獣軍団は全員、お玉のペットです(笑)
いよいよ戦力が揃ってきて、決戦の時は近そうです。

Dr.STONE

空気ボンベに人力で酸素入れるのって、めちゃくちゃ大変です。しかも10時間頑張っても10分前後しか使用できないとは…。現代の科学の力ってすげぇです。

僕のヒーローアカデミア

ヴィランの王の誕生。信念はなく、ただ純粋に破壊を楽しむ死柄木の姿は、破壊の象徴となるにふさわしいです。異能解放軍を傘下に入れて、ギガントマキアからもAFO後継者と認められて、ヴィラン連合は超強化されました。
一大事になっていますけど、当の死柄木はお寿司のことで頭がいっぱいで、ちょっと可愛いです。

ハイキュー!!

日向のプレーは、身長のない小さき者へ勇気を与えています。白鳥沢の鷲匠監督に認められたことは偉いこっちゃです。新しい小さな巨人の誕生かもしれません。

呪術廻戦

伏黒父は強い!トリッキーな動きで五条を追い詰めていきます。ここまで五条を追い詰めたのは、伏黒父が初めてです。五条は明らかに致命傷を負わされたと思いますが、このまま負けてしまうのでしょうか。

チェンソーマン

デンジとパワー以外にも特異4課にはヤバい悪魔が一杯です。ゾンビ軍団があっという間に壊滅するかもしれません。

「天使の悪魔」は謎の存在ですね。どっちだよ!とツッコミたくなります。

群青のバトロ

極寒の海に落ちたら、不死身の杉元でもヤバいんだぞ!平然とするな!(笑)
雪崩が起きたのは、木を切りすぎた主人公のせいでは…と思ってしまいました。

ブラッククローバー

アスタのおかげで国が救われたのに、裁判で糾弾されるかもしれないなんて…。理不尽すぎる(笑)生き残ったエルフが裁判にかけられるなら、わかりますけど。
今後は国王派のキャラクターがいろいろ登場しそうですね。どんな人が出てくるのか楽しみです。

ぼくたちは勉強ができない

真冬先生優しすぎます。全員の合格祈願のお守りを用意してくれるなんて。
卒業まで残り3ヶ月で、物語はクライマックスに近づいてきました。

アクタージュ act-age

怒りを向ける矛先が分からずに壁にぶつかる夜凪。一方で千世子は夜凪への感情を使って、役を掴みかけています。千世子は完全に別人です。今までの天使の姿は見る影もありません。鬼気迫るとはまさにこのことです。
しかしシリアスな話なんですが、夜凪の「アサガヤ」Tシャツが気になってしょうがないです(笑)

ゆらぎ荘の幽奈さん

抱き枕プレイ(笑)また新しいプレイが開発されました(笑)久しぶりのかるら様単独回だった気がします。

サムライ8

八丸出生の秘密が明かされ、父親との別れがあり、プロローグがやっと終わった感じですね。父親がなくなるシーンは、『NARUTO』を彷彿とさせました。

神緒ゆいは髪を結い

炎火さん…。キャラが変わって、かませキャラに…。バトル漫画のお約束ですね(笑)
ヴァイオリンスケバンに、どうやって3人が対抗するのか楽しみです。

最後の西遊記

まさかの白球エンドでした…。最後のページが野球ボールって(笑)何だかヤケクソ感が半端ないです。もう少し展開が早ければ、違う展開が待っていたかもしれません。惜しい作品だったと思います。

トーキョー忍スクワッド

スクリンプラーの水で感電させていれば、勝てていたのでは?舐めプですかね(笑)

ビーストチルドレン

話の都合上しょうがないかもしれないんですが、4対4?の試合をしているはずなのに、主人公とツンデレ先輩しか試合していないように見えます。この漫画でチームプレイが見られる日は来るのでしょうか。

ふたりの太星

掲載順位が最下位に…。やはり将棋漫画は鬼門です。
対戦相手の負け顔がひどすぎる(笑)明らかに狙っていますね。

最後に

最後の西遊記』が連載終了となりました。画力が高くて、戦闘描写に迫力があっただけに連載終了は残念です。野々上先生の次回作に期待したいと思います。

次週からは新連載がスタートします。権平ひつじ先生の作品は前作『ポロの留学記』の借りを返せるのでしょうか。期待したいと思います。

少年ジャンプ 感想
最新情報をチェックしよう!