緊張をほぐす5つの方法

人前で発表するときや目上の人と話しをするとき、どうしても緊張してしまいますよね。私は緊張しすぎて、足が震えることもあります。今回は、そんな私が緊張した時に実践している緊張をほぐす方法を5つご紹介します。

緊張を受け入れて、楽しむ

人前での発表や初対面の人との会話の際は緊張しますよね。でも、緊張するのは当然なんだと考えましょう。緊張は悪いことではないです。当たり前の事です。緊張するからこそ人間は集中ができます。

緊張を受け入れて、今の状況を楽しみましょう。例えば人前で発表をするときに、「大勢の人に自分の気持ちを伝えるチャンスだ!」と考えてみてください。人前での発表=チャンスと考えることによって、前向きな気持ちになれます。まず状況を楽しむことを優先してみください。

人に見られるのではなく、人を見る

人からどう見られているのかを考えすぎると緊張してしまいます。「みんなが私を見ている」と考えると、下手な事はできないし、うまくやらないといけないという気持ちが先行してしまいます。

そうならないように、自分が相手、聞き手を見てみましょう。相手の顔、表情に注目してみてください。「あの人は眠そうだなー」「あの人も緊張しているかも」「あの娘は今日もかわいいな」と相手に注意を向けてみてください。人を見ることに意識が集中して、自分が緊張しているのを忘れられます。自分ではなく相手に意識を向けてみてください。

成功するイメージを想像する(失敗のイメージを想像しない)

失敗を恐れてしまうと、自分が失敗する姿ばかりを想像してしまいます。失敗が怖くて、緊張は増していきます。ですから、うまくいかなかった時、失敗した時のことは考えないようにしましょう。

常に成功した姿を想像してみてください。成功のイメージが頭の中にあれば、心も体も成功しようと動いてくれます。それにうまくいった時の想像をした方が気持ちは楽しくなります。

深呼吸をする ツボを押す

緊張をすると呼吸が浅くなりがちです。一度、落ち着いて深呼吸をしてみてください。特に息を吐く長さを長めにしてみてください。これだけで、少しは落ち着けます。

それから、手のひらの中央部分に緊張を和らげるツボがあります。ここを軽く押してみてください。多少は落ち着くと思います。

準備する

これが一番大事だと思います。緊張をしてテンパってしまう人は、準備が足りない人が多いと思います。ぶっつけ本番で挑んで、不足の事態に対処できずにテンパってしまいます。準備不足によって発生する不安で更に緊張してしまいます。

大勢の人の前で発表があるとき、大事な取引先と商談があるとき、好きな人と食事をするとき、大事な場面の際に準備をしっかりしましょう。話す内容をあらかじめ用意したり、資料を完璧に用意したりしてください。あと、イメージトレーニングも大切です。事前準備をしっかりしていれば、自信が持てて余裕が出て、緊張が和らぎます。

まとめ

緊張を受け入れて、楽しむ
人を見る
成功するイメージのみを想像する
深呼吸とツボ
準備する

以上が緊張を和らげる5つの方法でした。是非、活用してみてください。

最新情報をチェックしよう!