『ダンダダン』感想 オカルト×ホラー×ラブコメ ジャンル不問!超絶美味の闇鍋漫画!

2021年4月からマンガアプリ「ジャンプ+」で連載が開始された『ダンダダン』は、現在大注目の漫画です。「次にくるマンガ大賞2021」のWebマンガ部門第2位にも選ばれました。私も毎週火曜日の更新を楽しみにしています。

著者の龍幸伸先生は『チェンソーマン』や『地獄楽』でアシスタントを務められていたので、その実力は折り紙つきです。また、『SPY×FAMILY』『ファイアパンチ』など数々の名作に携わっている林士平さんが編集を担当しています。

徐々に認知されていますが、まだまだ『ダンダダン』を知らない方は多いと思います。まだ知らない方に向けて、今回の記事では『ダンダダン』をの魅力をご紹介します!

『ダンダダン』はどんな物語?

まずは『ダンダダン』のあらすじをご紹介します。

宇宙人の存在は信じないが幽霊の存在は信じるギャルの綾瀬桃と、宇宙人の存在は信じるが幽霊の存在は信じないオカルトマニアの高倉健ことオカルン。この2人の出会いから物語は始まります。

桃がクラスでいじめられていたオカルンを助けたことで、オカルンは桃が自分と同じオカルトマニアだと思います。しかし、桃は宇宙人の存在を信じていなかったので、2人は言い争いになってしまいました。2人は決着をつけるべく、お互いの信じるものが実際にいるか証明する勝負をすることになります。

そして、桃はUFOスポットへ、オカルンは心霊スポットへ行き、それぞれ宇宙人と幽霊に出くわしてしまうのでした…。

『ダンダダン』の魅力

ここからは『ダンダダン』の魅力を3つご紹介します。総じて言えることは、絵、ストーリー、キャラクターなど全体的なクオリティがとても高いということです。

週刊連載と思えない絵のクオリティ

まずこの作品で真っ先に魅力として上げられるのは、週刊連載とは思えない絵のクオリティの高さです。絵が綺麗で、書き込みも多いのに、毎週クオリティを落とさず連載を続けているのは、凄すぎます。龍先生の筆が早いのか、先に何週分かストックがあるのかはわかりませんが、このクオリティを週刊連載で保てる作品を私は知りません。

特にアクションシーンは必見で、動きに勢いがあり迫力があります。それでいて、すごく見やすいです。丁寧に書かれているので、ごちゃごちゃしていて何をやっているかわからないということがありません。迫力ある見開きでアクションシーンが描かれることもあるのですが、スマホの小さな画面で見るのが勿体ないです。

また、登場する妖怪、宇宙人のデザインが奇抜でインパクトがあり、一度見たら忘れられなくなります。最初に登場する「ターボババア」の異質な雰囲気にはビビりましたし、第2話で登場する相撲取りの姿をした「フラッドウッズモンスター」にも驚かされました。オカルンや桃の人間のキャラクターは可愛く描かれているので、ギャップが凄まじいです。

テンポが凄く良い

ストーリー、会話のテンポの良さも魅力です。ストーリーは常にエンジン全開で、次から次にオカルンと桃に危機が訪れます。第1話で宇宙人を撃退したと思ったら第2話では別の宇宙人が現れて、息つく暇もありません。週刊連載ということも相まって、ストーリーのスピード感が半端ないです。

それと、オカルンや桃など登場キャラクター達の掛け合いもテンポが良いです。漫才のようにポンポン会話をするので、会話の内容がスラスラと入ってきます。変な間だったり、くどさがないのでストレスも溜まりません。けっこう下ネタも多いのですが、勢いがあるせいか不思議と気にならないです。

テンポの良さばかり話しましたが、ストーリーの大事な部分では余韻が残るようきっちりと締めています。「ターボババア」のエピソードのラストはホロっとしてしまいました。

ジャンル不問なごちゃまぜ感

オカルトだったり、ホラーだったり、ラブコメだったり、ギャグだったり、この漫画のジャンルを一つに絞るのはとても難しいです。読み手によって、どのジャンルとして捉えるかは変わるかもしれません。
そもそも妖怪と宇宙人を同時にメインで扱う漫画は今までありそうで、なかったように思えます。片方でもお腹いっぱいのテーマを取っ散らかることなく、うまく調理しているのがこの漫画の凄いところです。

↓のインタビュー動画で龍先生が作品の構想は映画『貞子VS伽椰子』から思いついたそうです。化け物には化け物をという発想は、シンプルながらも破壊力抜群だと思いました。

アクションシーンは迫力ありますし、一度見たら忘れられない妖怪と宇宙人のデザインも魅力的なのですが、ラブコメとして見ても面白いです。オタクのオカルンとギャルの桃、住む世界が違う2人の心が徐々に惹かれていく様子を見ていると、甘酸っぱい気持ちになります。

最後に

『ダンダダン』の魅力をご紹介してきました。人によって色々な楽しみ方ができる『ダンダダン』は懐の深い漫画だと思います。ジャンルを一つに絞り切れないくらい様々な要素が詰め込まれていますが、うまくまとまっています。全体のクオリティはとても高く、毎週楽しみな漫画の一つです。

『ダンダダン』は現在、マンガアプリ「ジャンプ+」で読むことができます。初回は無料で読むことができるので、興味を持たれた方は是非アプリをダウンロードしてみてください!また単行本も発売中ですので、こちらも要注目です!

最新情報をチェックしよう!