CATEGORY

映画感想

  • 2022年1月28日
  • 2022年1月28日
  • 0件

映画『呪術廻戦0』は『エヴァ』の呪縛を解くためのヒントが隠されていた

映画『呪術廻戦0』を見に行ってから時間が経ってしまったのですが、映画を観た感想を述べていきたいと思います。 まず率直に映画の出来は素晴らしいもので、劇場で見て良かったと心から思えるものでした。アクションシーンでは、キャラクターが画面を縦横無尽に動き回っていたので迫力がありました。スタイリッシュな劇中 […]

  • 2021年12月8日
  • 2021年12月8日
  • 0件

『EUREKA  交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』感想 最終作にして新たな『エウレカセブン』

2005年のテレビアニメ『 交響詩篇エウレカセブン』から続くシリーズの最新作となる『EUREKA 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』を映画館で見てきました。 16年前に放送されたテレビアニメ以降のシリーズ作品にはほとんど触れてきませんでしたが、『EUREKA』公開記念にYOUTUBEにア […]

  • 2021年10月11日
  • 2022年2月4日
  • 0件

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』感想 最後までダニエル・クレイグらしいボンドだった

スパイアクション映画の金字塔『007』シリーズの最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』。今作は、直近の過去4作品で主人公ジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最終作となります。今までのジェームズ・ボンド像を打ち壊してきたダニエル・クレイグですが、その最後に相応しい作品となりました。 […]

  • 2021年9月13日
  • 2022年2月4日
  • 0件

『さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日』感想 謎多き男の素顔

『さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日』はNHK BS1で放送され、現在はAmazonのPrime videoで視聴可能なドキュメンタル番組です。 この番組は以前NHK総合で放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」に、新たな映像を加えて再編集したものになります。 約4年間、『‎ […]

  • 2020年10月23日
  • 2021年12月8日
  • 0件

鬼滅の刃 無限列車編 感想(ネタばれあり) 連載当初から応援してきた作品の晴れ舞台を見に行く

  ジャンプ連載当初、掲載順が後ろの頃から鬼滅の刃を応援してきた自分にとって、今の鬼滅フィーバーは嬉しい反面、複雑な気持ちもあります。この気持ちは良く通っていたラーメン店が、有名になり行列ができて入りにくくなってしまう感じに似ています。自分だけがここの味の良さを知っていたのに、違いの分かる男だったの […]

  • 2019年8月8日
  • 2019年8月8日
  • 0件

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』感想 悪い意味で心に伝説を残した映画(ネタバレあり)

そして、伝説へ・・・ 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は『ドラゴンクエストV』をベースに製作された3DCGアニメーション映画です。総監督・脚本を山崎貴が担当しています。主人公の声を佐藤健が演じ、ヒロイン・ビアンカの声を有村架純が、フローラの声を波瑠が演じています。 『スッキリ』での映画番宣を見 […]

  • 2019年7月25日
  • 2021年12月8日
  • 0件

新海誠『天気の子』感想 賛否両論さまざまな意見が出る映画

新海監督の決意と弱者に向き合うことの大切さ 現在劇場公開されている『天気の子』を見てきました。前作『君の名は。』が大ヒットを記録した新海誠監督の最新作です。前作とおなじく音楽はRADWIMPSが担当しています。 主役の帆高を演じるのは醍醐虎汰朗さん、ヒロインの陽菜を演じるのは森七菜さんでした。2人は […]

  • 2019年3月4日
  • 2019年7月29日
  • 0件

映画「グリーンブック」感想 本音でぶつかり合って互いを理解する

性格の違う2人が本音でぶつかり合い、互いを本当に理解する 第91回アカデミー賞で「作品賞」「助演男優賞」「脚本賞」を受賞した「グリーンブック」を見てきました。 映画の内容は、天才ピアニスト「ドクター・ドナルド・シャーリー」が運転手兼ボディーガードに「トニー・”リップ”・バレロンガ」を雇い、差別色が濃 […]