CATEGORY

読書感想

  • 2022年9月12日
  • 2022年9月12日
  • 0件

『北欧こじらせ日記』感想 夢を追いかけるために必要なことが書かれています

『北欧こじらせ日記』はSNSアカウント「週末北欧部」の書下ろしコミックエッセイです。北欧好きをこじらせた著者のchikaさんが、フィンランドへ移住したいという夢を叶えるためにどのような日々を過ごして来たのかが描かれています。 本書を読むとフィンランドに興味が湧くと同時に、chikaさんの生き方に共感 […]

  • 2022年9月9日
  • 2022年9月10日
  • 0件

『リコリス・リコイル Ordinary days』感想 たきなが千束へ抱いてる想いがわかるので最高

『リコリス・リコイル Ordinary days』は、大人気アニメ『リコリス・リコイル』のスピンオフ小説です。原案者のアサウラ先生が全編執筆し、キャラクターデザインのいみぎむる先生が表紙、挿絵のイラストを担当しています。 アニメでは描かれなかった喫茶リコリコの日常が描かれていて、『リコリス・リコイル […]

  • 2022年8月10日
  • 2022年9月5日
  • 0件

『バナナの魅力を100文字で伝えてください 誰でも身につく36の伝わる法則』感想

『バナナの魅力を100文字で伝えてください 誰でも身につく36の伝わる法則』には、ベストセラーを連発してきた敏腕編集者が実践してきた「伝わる技術」が解説されています。 「自分の意見がなかなか理解されない」「伝えたはずなのに伝わっていなかった」という人とのコミュニ―ケーションで悩みを抱いている方や、「 […]

  • 2022年8月2日
  • 2022年8月2日
  • 0件

『ルリドラゴン』の魅力を解説!ジャンプにとっては非日常の日常漫画【感想・レビュー】

ジャンプに掲載されるたびにTwitterのトレンド入りし、連載開始から6話目にしてセンターカラーを獲得するなど、『ルリドラゴン』の勢いが止まりません。 ドラゴンと人間のハーフの女子高生・ルリのゆるい日常に癒される方が続出中です。ジャンプでは今までありそうでなかったジャンルなので、読者は新鮮に感じたの […]

  • 2022年6月20日
  • 2022年6月20日
  • 0件

『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』感想 どちらから読むかで物語の印象は大きく変わる

乙野 四方字先生の小説、『僕が愛したすべての君へ』(以降『僕が~』)『君を愛したひとりの僕へ』(以降『君を~』)の2作品を読みました。並行世界を題材としていてSF要素の強い小説ですが、話しの中心となるのは主人公とヒロインの恋物語です。1冊のページ数が250ページと短く、とても読みやすいと思います。 […]

  • 2022年4月19日
  • 2022年9月7日
  • 0件

『一軍監督の仕事 育った彼らを勝たせたい』感想 日本一までの裏側とこれからのスワローズ

2021年、2年連続最下位だった東京ヤクルトスワローズは20年ぶりに日本一に輝きました。下馬評を覆しての勝利は、多くの野球ファンの度肝を抜かしたと思います。スワローズファンの私も予想していなかった快進撃でした。 2年連続最下位のチームを建て直したのは、高津臣吾監督の手腕が大きいと思います。「絶対大丈 […]

  • 2022年3月15日
  • 2022年3月15日
  • 0件

『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』感想 100冊分の文章術がこれ1冊で学べる

わかりやすい文章を書きたい、文章の書き方がわからないとお悩みの方におすすめなのが、『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』です。文章術の本100冊に書かれている技術がこの1冊で学ぶことができてしまいます。 文章術の本に書かれている共通のノウハウの数を集計して、数が多いもの […]

  • 2022年1月4日
  • 2022年1月4日
  • 0件

『「しなくていいこと」を決めると、人生が一気にラクになる――精神科医が教える「生きづらさ」を減らすコツ』感想

焦っているとミスしてしまう、オンオフの切り替えが出来ない、友達と遊んでいるときに疲れて1人になりたいときがある。このような悩みがある方は、『「しなくていいこと」を決めると、人生が一気にラクになる――精神科医が教える「生きづらさ」を減らすコツ』を是非読んで欲しいです。 精神科医の本田秀夫先生が生きづら […]

  • 2021年12月14日
  • 2021年12月14日
  • 0件

祝日本一 高津臣吾『二軍監督の仕事 育てるためなら負けてもいい』感想 頂点への道筋

東京ヤクルトスワローズ日本一おめでとうございます!日本一が決まった瞬間は、思わず家の中で雄たけびを上げてしまいました。20年ぶりの日本一ということで、スワローズファンの私はテンションが爆上がりしております。 そのスワローズを日本一に導いたのは、高津臣吾監督です。就任2年目にしてチームを頂点へと導きま […]