CATEGORY

読書感想

  • 2021年4月27日
  • 2021年4月27日
  • 0件

『疲れない体を脳からつくるボディハック』感想  全人類にやって欲しいトレーニング

あなたは目をつぶり、片足立ちすることが20秒間できますか?もし、できなければ脳と身体の結びつきが弱くなっている可能性があります。 私は片足立ちすることができず、すぐにバランスを崩してしまいました。運動不足の私の脳と身体の結びつきはかなり弱まっていたのかもしれません。 本書は、片足立ちが20秒間できな […]

  • 2021年4月20日
  • 2021年4月20日
  • 0件

伴名 練『なめらかな世界と、その敵』感想 バラエティーに富んだ人間臭いSF短編集

『なめらかな世界と、その敵』は表題作を含む全6篇のSF短編が収録されています。バラエティーに富んだ短編たちは、どれも切り口が斬新だったので楽しく読みことができました。 私が特に良かったと思ったのは、書下ろし作品の『ひかりより速く、ゆるやかに』です。現代で突如発生した超常現象に対して、人々がどう動くの […]

  • 2021年2月26日
  • 2021年2月26日
  • 0件

野崎まど『タイタン』感想 「仕事」とは何か?働くAIと働かなくなった人間

「仕事」とは何か?と聞かれたときに、あなたはなんと答えるでしょうか? 「生きていくためにやらなければいけないこと」「自分がやりたいこと」「誰かを幸せにすること」 明確な仕事観を持っている方もいるかもしれませんし、なかなか答えられない方もいるかもしれません。私もいきなりこの質問をされたら困ってしまいま […]

  • 2021年1月12日
  • 2021年1月12日
  • 0件

サクッとわかるビジネス教養 地政学 感想 地政学から世界情勢が丸わかり!

アメリカが中国のHUAWEIに制裁を開始した。 中国船が尖閣諸島周辺で領海侵犯。 沖縄の米軍基地問題。 ニュースでこれらの出来事を耳にする機会がありましたが、なぜ問題が起こっているのかをいまいち理解できないでいました。 なぜ中国とアメリカは対立しているのか? なぜ中国は尖閣諸島周辺で領海侵犯を続ける […]

  • 2020年10月29日
  • 2020年10月29日
  • 0件

書かずに文章がうまくなるトレーニング 感想 書く前に考える

Q「えっ?書かずに文章がうまくなるの?そんなうまい話ある?」A「あるんです!」 私も最初は半信半疑でこの本を手に取りましたが、今ではもっと早くこの本と出会いたかったと思うようになりました。文章を書く上での心構えが変わり、確実に文章は以前よりも上達しています。以下のように悩んでおられる方には、是非読ん […]

  • 2020年10月11日
  • 2020年10月11日
  • 0件

正義の教室 感想 あなたの価値観ぶち壊されるかもしれません

超久しぶりの更新です。 今回は飲茶先生の『正義の教室 善く生きるための哲学入門』をご紹介していきたいと思います。3つの正義を通して、「正義とは何か」について書かれた本作。とっつきにくい哲学の話が、ストーリー仕立てでユーモア溢れる文章で書かれています。全てを読み終わったあと、あなたの価値観はぶち壊され […]

  • 2019年11月15日
  • 2019年11月21日
  • 0件

『みんなちがってみんなダメ 身の程を知る劇薬人生論』感想

生存報告から1ヶ月以上たってしまいました…。記事の更新はちょくちょくしていたのですが、新規の投稿は久々です。今後も無理のない範囲で更新は続けていきたいと思います。 それでは本題に入っていきましょう。今回ご紹介するのは、中田考先生の『みんなちがってみんなダメ 身の程を知る劇薬人生論』です。 表紙にはか […]

  • 2019年8月29日
  • 2019年9月4日
  • 0件

百田尚樹『夏の騎士』感想 抜群に読みやすいので読者初心者におすすめ

人と人とのつながりの大切さを教えてくれる1冊 百田尚樹先生の『夏の騎士』を読みました。本作は約3年ぶりの百田先生の長編小説です。百田版「スタンド・バイ・ミー」と銘打たれ、子供も、大人も楽しめる作品になっています。 本作は、「夏休みの読書感想文の宿題の時に読みたい1冊」だと思います。理由は文章が軽快な […]

  • 2019年8月21日
  • 2021年2月26日
  • 0件

野崎まど『[映] アムリタ』から『2』までの6作品をご紹介・感想

『[映] アムリタ』から順番に作品を読めば、野崎まどワールドを堪能できます 野崎まど先生の『[映] アムリタ』、『舞面真面とお面の女』、『死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~』、『小説家の作り方』、『パーフェクトフレンド』、『2』の6作品をご紹介していきます。 1つ1つの作品は独立して […]