CATEGORY

漫画感想

  • 2022年12月29日
  • 2022年12月29日
  • 0件

2022年 少年ジャンプ打ち切り漫画を振り返ってみた

2022年も『週刊少年ジャンプ』では様々な新連載が始まりました。その裏で、惜しくも打ち切られてしまった作品が6つあります。『アヤシモン』『守れ!しゅごまる』『ドロンドロロン』『地球の子』『すごいスマホ』『ALIENS AREA』です。連載が終わってしまうのは惜しいと思う作品も中にはありました。 今回 […]

  • 2022年11月16日
  • 2022年11月16日
  • 0件

タイザン5『一ノ瀬家の大罪』 感想と物語の考察 この家族は謎が多すぎる!

ジャンプ+で短期連載し、話題となった『タコピーの原罪』。その作者であるタイザン5 先生が満を持して週刊少年ジャンプで連載を開始しました。連載作品のタイトルは『一ノ瀬家の大罪』です。 事故で記憶喪失した家族が徐々に記憶を取り戻していくハートフルな物語かと思いきや、後半で一気に不穏な空気が漂っていました […]

  • 2022年10月14日
  • 2022年10月14日
  • 0件

『正反対な君と僕』感想 キャラクターが抱く感情に対しての言語化がすごい

『正反対な君と僕』は、少年ジャンプ+で連載されているラブコメ作品です。「次にくるマンガ大賞2022」Webマンガ部門第2位を受賞しました。 いつも明るくて、派手なギャルの鈴木と、物静かで真面目な谷。正反対な2人が付き合うようになってから、徐々にお互いの知らなかった一面を知っていく様子が描かれています […]

  • 2022年8月2日
  • 2023年2月2日
  • 0件

『ルリドラゴン』の魅力を解説!ジャンプにとっては非日常の日常漫画【感想・レビュー】

ジャンプに掲載されるたびにTwitterのトレンド入りし、連載開始から6話目にしてセンターカラーを獲得するなど、『ルリドラゴン』の勢いが止まりません。 ドラゴンと人間のハーフの女子高生・ルリのゆるい日常に癒される方が続出中です。ジャンプでは今までありそうでなかったジャンルなので、読者は新鮮に感じたの […]

  • 2022年3月24日
  • 2022年3月24日
  • 0件

「まんが王国」お得爆発DAYのポイント最大80%還元がかなりお得な件

ツイッターのトレンドで#まんが王国お得爆発DAY、#まんが王国はお得感No1と上がっているのを目にする機会がありました。調べてみると【まんが王国】 という漫画サイトで、ポイント最大80%還元のキャンペーンをおこなっているとのことでした。 30000円分のポイント購入をしなければ最大80%還元を受けら […]

  • 2022年3月21日
  • 2022年12月21日
  • 0件

Comicメテオのおすすめ作品をご紹介!

無料WEBコミック配信サイト「Comicメテオ(コミックメテオ)https://comic-meteor.jp/」。日常系、スポーツ、ファンタジーなど多彩なジャンルの作品が掲載れています。かわいい娘が活躍する漫画やギャグ系の漫画が多くある印象です。手軽に面白い漫画を読みたい方には、うってつけのサイト […]

  • 2022年3月1日
  • 2023年2月2日
  • 0件

「Amebaマンガ」の月額プランに加入すると特典コインがもらえてお得!マンガ好きにおすすめのサービス

Amebaマンガの月額プランに加入すると、特典コインをたくさんもらえる! マンガ配信サイト「Amebaマンガ 」の会員になるとお得にマンガを読むことができます。初回会員登録時に100冊まで40%オフクーポンがもらえる以外にも、10%オフクーポンや10冊まで20%オフのクーポンなどお得なクーポンが定期 […]

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月22日
  • 0件

『地球の子』感想 第1話からクライマックス!?名作誕生の予感がします

2022年12号から連載が開始された神海英雄(しんかい ひでお)先生作『地球の子』。第1話からクライマックスな展開が話題となり、ツイッターのトレンド入りをしています。私も物語後半の怒涛の展開には驚きました。 第1話の完成度が高く、読み切りのように物語がある意味では完結しています。なので、今後の展開が […]

  • 2022年2月15日
  • 2022年8月5日
  • 0件

ジャンプ新連載『あかね噺』感想 久々にワクワクする新連載が始まった

ジャンプの新連載『あかね噺(ばなし)』は久々にワクワクする作品でした。落語事態にあまり興味がなかったのと、落語を漫画で表現するのは難しいと感じていたので、最初はあまり期待をしていなかったのですが、第1話の出来が素晴らしくて一気に惹きこまれてしまいました。 落語という題材がどれだけ読者の感心をひけるか […]