楽天アンリミットでWi-Fiルーターが格安で使える!

楽天アンリミット(UN-LIMIT)に加入すれば、格安でモバイルWi-Fiルーター(スマホでテザリング)が手に入ります。現在契約すると1年間は月額費が無料になるのと、特定の機種を購入すれば機種代金分の楽天ポイントの還元を受けられるからです。

*1年間無料キャンペーンは4月7日23:59分までです!ご契約はお早めに!

持ち運べるWi-Fiルーターが欲しい、お金をかけずにインターネット環境が欲しいという方にはおすすめのサービスです。楽天アンリミットを契約するメリット、注意点、実際にモバイルWi-Fiルーターとして使用しての感想を記事にしましたので、興味のある方は是非チェックしてみてください!

メリット

まずは、楽天アンリミットを契約するメリットをご紹介します。

1年間無料 さらにポイント還元

今契約すると、月額料金が1年間無料になります。(※4月7日23:59分まで)新規契約、他社から乗り換え(MNP)でも同じく1年間無料です。今なら、契約事務手数料がかからないので、SIMのみの契約であれば初期費用が一切かかりません。

詳しくは、こちらの公式ページ楽天モバイル  よりご確認いただけます。

無料期間が終わっても、他社よりが料金安い

無料期間が終了しても、月額料金2980円他社のWi-Fiサービスに比べて安いです。

プロバイダ 料金

楽天アンリミット

2980

とくとくBB WiMAX 2+

3393*

UQ WiMAX

3880

Broad WiMAX

3572*2

Pocket WiFiプラン2

4380*3

THE WiFIライト

4280*4

*1 30000円キャッシュバックを受け取り、月額料金から差し引いた場合
*2「ギガ放題プラン」1~2ヵ月目2726円 3~24ヵ月目3411円 25ヵ月目以降4011円 36ヵ月の料金の合計を36で割った金額
*3 アドバンスオプション加入で、データ制限なしにした場合
*4 1日4GB

月額料金が一番安いのは楽天アンリミットだと一目瞭然です。さらに他のサービスだと事務手数料、登録料など別途3000円がかかってしまいます。

ポイント還元で端末を格安で手に入れる

楽天アンリミット以外のWi-Fiサービスは契約時にWi-Fi端末が無料で手に入りますが、楽天アンリミットでは端末代金がかかってしまいます。一番安いモバイルルーター「Aterm MP02LN」の端末価格は12,546円です。月額料金が1年間無料と思えば仕方ないかもしれませんが、初期費用がかかるのは少し痛いです。

そこでおすすめなのが、キャンペーンでポイント還元対象の端末を購入する方法です。機種によっては端末代金を抑えることができます。

現在、以下の機種がポイント還元でお得に手に入ります。

OPPO A5 2020  一括払い22020円 10000円相当のポイント還元 実質12020円

OPPO A73                  一括払い30800円 25000円相当のポイント還元 実質5800円

AQUOS sense3 lite 一括払い25980円 10000円相当のポイント還元 実質15980円

「【Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」の5000ポイントと機種購入時のポイント還元を合わせればお得に機種が購入できます。販売端末一覧

私がおすすめする端末は「OPPO A5 2020」です。こちらの端末は、大容量5000mAhのバッテリーを搭載しています。1日中テザリング機能を使用しても、バッテリーが半分も残っています。モバイルルーター代わりとして使用するなら、おすすめの端末です。

*現在、『Rakuten WiFi Pocket』の端末料金が実質無料になるキャンペーンもおこなっております。詳しくはこちらのページをご確認ください。

サブ機としても使えます

ポイント還元を受ける際の注意点

端末のポイント還元を受ける際の注意点がございます。端末を受け取り、楽天アンリミットのSIMをいれて開通手続きをした後、「Rakuten Link」を用いた通話、メッセージ送信しないといけません。

Rakuten Linkご利用の達成条件について

本キャンペーンにおける「Rakuten Linkのご利用」とは、「Rakuten UN-LIMIT V」お申し込みの翌月末日23:59までに以下の操作が完了していることが達成条件となります。

「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話
「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信の1回以上の利用

… Rakuten UN-LIMIT Vホームページより

これを忘れてしまうとポイント還元を受けれませんので、ご注意ください!

速度制限が緩い

他のWi-Fiサービスに比べて、速度制限が緩いです。楽天アンリミットの場合は、1日10GB以上のデータ通信が制限がかかる一方で、WiMAX 2+のサービスでは3日間で10GB以上利用で通信制限がかかってしまいます。

公式でのアナウンスはありませんが、楽天回線エリアの場合、1日のデータ通信量が10GBを超えると通信速度が3Mbps程度に制限されます。日付が変わると速度制限はリセットされます。
(パートナー回線の場合はデータ容量は月5GBで、超過するとその月は通信速度が1Mbp程度に制限されます)

WiMAX 2+になると、3日間のデータ通信量が10GBを超えると通信制限がかかります。3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)で、約1Mbpsまで制限されます。

楽天アンリミット(楽天回線エリアの場合)の方が、速度制限までのデータ通信量が多いので、動画を視たり、SNSを良く使用したりする方にはおすすめです。

契約の縛りなし

楽天アンリミットは利用期間の縛りはなく、契約解除料は一切発生しません。

他のWi-Fiサービスですと、契約期間が最低3年間また最低2年間と縛りが発生します。さらに契約期間中に解約をすると、契約解除料が発生してしまいます。
楽天アンリミットならば解約時にデメリットがないので、無料期間中にお試しで契約してみても良いかもしれません。

注意点

楽天アンリミットを契約する際の注意点をご紹介します。

通信エリアが狭い

最大の注意点は楽天回線の通信エリアがまだ狭いことです。契約しても楽天回線エリアでないと、月5GBのパートナー回線しか利用できません。すぐに制限がかかってしまうので、Wi-Fiルーターとして使う場合は心許ないです。

東京都の23区内や横浜市、名古屋市、大阪市など大都市圏内であれば、問題なくご利用いただけます。ですが、都内でも八王子の方は、まだ楽天回線エリアではないので注意が必要です。契約の前に必ず公式ページで、自分の住まいが楽天回線エリアか確認するのをおすすめします。→【楽天モバイル】

エリアは徐々に拡大していますので、自分の住んでいる地域が楽天回線エリアになってから契約しても良いかもしれません。

ポイントの還元に時間がかかる

契約時に楽天のポイント還元を受けられるのですが、ポイントの還元まで時間がかかります。私の場合は、9月末に楽天アンリミットの回線を開通して、ポイントが還元されたのは11月30日でした。約2ヶ月かかりました。

「Rakuten UN-LIMIT V」の開通および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

… Rakuten UN-LIMIT Vホームページより

ポイント還元まで時間がかかるので、注意が必要です。また、還元されるポイントは有効期間が6カ月の期間限定ポイントになります。ポイントが還元されたら、期間内に使用しなければいけません。

Wi-Fiルーターとして使用した感想

約2か月ほど、「OPPO A5 2020」に楽天アンリミットのSIMを入れて使用していますが、快適に使えています。1日中テザリングをオンにしていますが、通信が途切れることはありません。通信速度も下り35Mbps、上り25Mbpsとそこそこな速度なので、動画がスムーズに視聴できています。

テザリングで接続したパソコンで計測
テザリングで接続したパソコンで計測

私が以前契約していた「GMOとくとくBB」のWiMAX 2+と比べても、楽天アンリミットは遜色ありません。むしろ通信の安定性は楽天アンリミットの方が上だと思います。WiMAX 2+だと建物の奥に入ると圏外になったり、土、日のピークタイムは通信が不安定になったりしたのですが、楽天アンリミットではそういったことがありません。楽天アンリミットを使用していてストレスになったことは、今のところないです。

最後に

楽天アンリミットをモバイルWi-Fiルーターとして使用するのは、かなりおすすめです。ただし、楽天回線エリアでないとメリットを100%享受できないので、契約の際は必ず、お住まいの地域が楽天回線エリアかご確認ください。

1年間の月額料金が無料になるキャンペーンは4月7日23:59分までです!このチャンスをお見逃しなく!

詳細は楽天モバイル 公式ホームページよりご確認いただけます。

最新情報をチェックしよう!