Audibleはぶっちゃけどうなの!? Audibleサービス紹介

Audibleサービス紹介

Q、月額1500円で1コインは妥当か? A、ボイスブックが馴染めば妥当

AmazonのAudibleを最近利用し始めた和実です。初回利用時は1ヶ月無料で利用ができて、1コイン付与されます。1コインは本1冊と交換できます。次月以降は月額1500円で1コイン付与されていきます。

1500円=本1冊と考えると妥当だと思うのですが、同じAmazonサービスである月額980円のKindle Unlimitedに比べると割高に感じてしまいます。正直私は月額1500円のAudibleは、コスパが良くないと感じてしまいました。

しかし、本を読むよりも耳で聴いた方が楽だと感じる方や、通勤・通学の時間が長くて暇でしょうがないという方にはおすすめのサービスです。

Audibleのメリット、デメリットを通じて、Audibleサービスを紹介していきます。

メリット

Audibleのメリットは3つあります。

  • 初回利用時は本1冊無料で手に入る
  • ~ながら読書ができる
  • 有名声優、俳優による朗読

最初の1冊は無料

最初の1冊は無料で利用できます。初回利用時に限り1コインが付与され、どれでも好きなボイスブック1冊と交換できます。サピエンス全史、多動力といった有名タイトルでも利用可能です。通常価格で購入すると3000円前後(Audible会員だと30%オフ)するので、かなりお得だと思います。

Audibleを解約しても、手に入れた作品は利用し続けることができます。気になる作品を無料で手に入れてから、解約しても問題ありません。

2ヶ月目以降は月額1500円で1コイン手に入ります。無料期間と同様に1コインでボイスブック1冊と交換できます。交換したボイスブックはサービス解約後も利用可能です。


歩きながら本を読める(聞ける)

Audible専用アプリを入れれば、PCからでも、スマホからでも本を聴くことができます。何かをしながらでも聴くことができるのは大きなメリットです。通勤、通学中に、ジョギング中に、電気を消して布団の中でも読書ができます。

私は電車内で本を読むと酔ってしまうことがあり、電車内で本を広げることがなかったのですが、Audibleのおかげで電車内でも本を読むことができます。本を広げられない状況の中でAudibleは真価を発揮します。


有名声優、俳優が朗読してくれる

有名声優・俳優が朗読しているのは、Audibleの魅力の一つです。

例えば「言の葉の庭」であれば、映画に出演していた入野自由さん、花澤香菜さんを始め6人の声優さんが朗読しています。映画「言の葉の庭」が好きだった方には、是非聞いて欲しいです。クライマックスのタカオとユキノがお互いの感情をぶつけ合うシーンは、映画とは違った感動がありました。

他にも有名声優、俳優が出演している作品があります。気になる作品をリストにしてみました。

作品タイトル 著者名 朗読者
火花       又吉 直樹  堤真一
ホテルローヤル    桜木紫乃 真木よう子
犬にきいてみろ   池井戸潤

コンビニ人間  

村田沙耶香 大久保佳代子

蜘蛛の糸 

芥川龍之介  大塚明夫
新訳 道は開ける  D・カーネギー  古谷徹
あの日   小保方晴子 小保方晴子
小説 君の名は  新海誠  朴璐美

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま 

暁なつめ 雨宮天

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 

井中だちま  茅野愛衣

映画、ドラマで活躍している俳優、大御所声優、お笑い芸人まで幅広いラインナップです。ライトノベルはアニメの声優が朗読をしているので、違和感なく聴くことができます。一番驚いたのは、小保方さんが自著を自身の声で朗読していたことです。

デメリット

次にデメリットもご紹介します。デメリットも3つあります。

  • 読むのに比べて聴くのは時間がかかる
  • 視覚要素がないので、わかりづらい部分もある
  • 月額1500円で1冊のみはコスパが悪い

聴き終わるのに時間がかかる

「言の葉の庭」は全11章読み終わるのに、11時間7分かかります。原作小説は約400ページなので、普通に読んだら4時間ほどで読むことができます(私の場合)。普通に読むのとAudibleで聞くのでは7時間違います。

しかし倍速機能があり4倍速まで上げることができるので、時間短縮をすることはできます。自分は通常1.25倍速を使用していました。4倍速でも聞き取れないことはないのですが、速すぎて頭に入ってこないですし、情緒がなくなるのでおすすめしません。

視覚要素がない

実用書だと重要部分が太字になって強調されていたり、文章だけでわかりにくいところを図やイラストで解説していたり、見ることによって理解が深まる箇所があります。

しかし耳で聴くだけでは視覚要素がないので、図やイラストを視ることによって得られた情報が手に入りません。ビジネス書、実用書ではわかりづらい場面があると思います。(付属資料が用意されている作品もあります)ライトノベルだと挿絵が見られないのは寂しいかもしれません。

ただ目をつぶり集中して聞いていると、普通に読書しているときよりも想像力が働くので、本の内容が印象に残りやすいです。情景を思い浮かべながら聴くと、より作品の世界に入り込めます。

コスパが悪い

月額1500円で1コインはコスパが悪く感じます。単行本1冊だと思えば妥当ですが、文庫本や昔の作品も1500円だと考えると割高に感じてしまいます。

同じAmazonのサービスのKindle Unlimitedは約12万冊の作品が月額980円で読み放題です。Kindle Unlimitedは読み放題ですが、Audibleは1冊のみです。Kindle Unlimitedの方がコスパは良いです。

ただAudible月額会員は1コインが付与されるだけではなく、30%OFFでボイスブックを単品購入できるのと、ボイスブックの返品、交換が可能です(回数制限あり)

またAudible Stationといって、会員なら無料で利用できるコンテンツがあります。「NewsPicksチャンネル」では落合洋一が出演する「WEEKLY OCHIAI」の音声版が聞けたり、「放送室チャンネル」では松本人志と高須光聖のラジオ番組「放送室」が聞けたりします。他にもよしもと芸人が出演する「よしもと声革命」、ビジネス書の要約を20分で聴ける「20分で聴けるビジネス書チャンネル Powered by Flier」などの魅力的なコンテンツを利用できます。

興味のあるコンテンツがあれば月額1500円は安いかもしれません。

まとめ

メリット
・初回利用時、どれでも好きな本が1冊無料で手に入る
・作業しながら、寝ながら、歩きながら読書ができる
・有名声優、俳優による朗読(小保方さんも朗読している)
デメリット
・耳で聴くのは時間がかかる(倍速機能があります)
・イラストや図が見られないとわかりづらいところがある(その代わりに想像力が上がるので、本の内容が印象に残る)
・コスパが悪い(月額会員のサービスに魅力を感じられれば、月額料金が安く感じる)

本を読むよりも耳で聴く方が良いという方には、Audibleは魅力的なサービスです。

最初の1冊は無料で利用できますので、ボイスブックが自分に合うか試してみてください。

追伸:「言の葉の庭」のボイスブックは本当におすすめです。ぜひ聴いてみてください。

 

Kindle Unlimitedでポケットの中に図書館を
4.5

Kindle Unlimitedは月額980円で約12万冊の本が読み放題になるサービスです。
ベストセラー本から4コマ漫画まで、幅広いジャンルの本を読むことができます。
旅行雑誌やファッション誌・モノ雑誌も読み放題対象です。
Kindleアプリをスマホに入れれば、いつでも、どこでも、本を読むことができます。
初回利用時は1ヶ月無料で利用することができます。

Audibleサービス紹介
最新情報をチェックしよう!